お申し込みに関するQ&A

手続きや日程に関するQ&A

料金のお支払いに関するQ&A

それ以外のQ&A


申し込みメールを送ったけど届かない等、そういったトラブルが心配です。

相談のお申し込みに際しては必ず専用のフォームから頂く事になっており、その際には、ご入力頂いた連絡先メールアドレスに当オフィスからの自動返信メールが必ず送られますので、まずそのメールの受信確認をお願い致します。

その自動返信メールが受信できていれば、お申込み自体は当オフィスに届いているという事ですので、それを目安にして頂ければと思います。


申し込みをしましたが自動返信メールが届きません。どうすれば良いですか?

自動返信メールが届かない理由は幾つかあります。そのほとんどは以下の2点。

1つはフォームにご入力されたメールアドレスが誤りである場合。もう1つは携帯メールアドレスをご使用で、PCからのメール受信の制限設定がされている場合。

まずこの2点の可能性が無いかをご確認の上、お手数ですが再度お申込み下さい。

尚、アドレスの記入ミスの場合は、当オフィス宛にエラーメールとして自動返信メールが返送されてきます。その場合には「エラーメール通知ページ」にその旨記載しますので、この点もご確認頂ければと思います。(情報反映には多少時間がかかります)


携帯メールやフリーメールから申し込む事はできますか?

可能ですが、携帯メールアドレスの場合、携帯端末側でのスパムメール対策の為のPCメール受信制限設定がされている事が多く、当オフィスからのメールがそちらで受信できないといったケースがあります。

トラブルの元となりますし、当オフィス側ではどうしようもありませんので、その設定をご自身で自由に解除できる方のみお願い致します。


日程の確定後、キャンセルや日程変更はできますか?

いずれも可能ですが、ご連絡を頂いたタイミングによって所定のキャンセル料が発生します。(日程変更の場合も同様)

詳細は「特定商取引法の表示ページ」のキャンセルポリシー欄に記載がありますので、予めご確認下さい。


平日は都合がつかないので土曜か日曜にカウンセリングを受けたいのですが可能ですか?

もちろん可能です。

ただし、土日祝日は予約が早くに埋まる傾向がありますので、最低でも1週間先、余裕があれば2週間先の日程での早めのご予約をお勧めします。


カウンセリングは何時から何時まで可能なのでしょうか?

最も早い枠で13時~、最終の枠の開始時間が21時となりますが、特に海外在住の方で時差等の問題により特別の対応が必要な場合は別途枠の調整をしていますので、お申し込みフォームの備考欄にその旨及びご希望の時間をご入力下さい。

ただし、全てのご希望にお応えできる訳ではありませんので、この点は予めご了承下さい。


申し込みの当日や翌日などにカウンセリングをして頂く事はできますか?

事前に相談枠の調整をしながら相談を行っている関係上、対応ができません。必ず事前に日時のご予約をお願い致します。


急ぎでどうしてもカウンセリングを受けたいんですが・・・。

「申し込みの当日や翌日などにカウンセリングをして頂く事はできますか?」でもお答えしている通り、事前に枠を確保した上でスケジュールを管理していく為、なかなか対応が難しいです。

現状、最短でも(枠に空きがある場合でも)2日~3日程度先のご案内になってしまいますが、スケジュールの状況次第で何とか対応できる時もありますので、どうしても急ぎの場合はお申し込み時にその旨お伝え下さい。


請求書や領収証は発行してもらえますか?

請求書は自動返信メールを持って代えさせて頂いています。(自動返信メールには料金支払いに関するご案内が記載されています)

領収書に関しても、相談料金振り込み時の明細やクレジット明細にて代えさせて頂いております。


料金の分割払いは可能でしょうか?

基本的に月極でのお支払いになるので、各月毎にお支払頂くようになりますので、その料金を更に分割はおススメしません。

ただし、初回の単発セッションの料金は、クレジット決済をご利用の場合に分割での決済が可能ですので、詳細は「カウンセリングのご案内ページ」をご覧下さい。

尚、振り込みによる分割には対応しておりません。


相談をしている事を、周りに知られたくないんですが・・・。

それはもちろんです。

当オフィスは運営母体が行政書士の事務所であり、この相談についても行政書士の相談業務の一環として捉えています。

その為、行政書士の守秘義務の観点から、原則として相談の内容は勿論の事、誰が相談に訪れているかといった事まで守秘義務の対象として周りに漏らす事はありません。

相談を行う方法もスカイプ及びメールであり、私自身がスカイプにて応答する場所も完全個室で周りに話を聞かれたり目撃される事がありませんので、ご安心下さい。

詳細については「守秘義務と秘密保持契約について」をご参照下さい。

あなたの生きづらさ、HSP気質が原因だけではないかもしれない。

あなたの悩みが「刺激に敏感」「疲れやすい」等だけではないのなら。

漠然とした「生きづらさ」を半ば無意識的に感じており、今の症状はその一端だけだとしたら。

その原因、HSP気質だけではない可能性が高いです。

例えば、風邪を引き起こす原因はおよそ200もあるそうです。

それと同じ様に「生きづらさ」を引き起こす原因(そしてその正体)も1つではない事が、これまでの私自身の経験と臨床を通じて分かってきました。(と言うよりも、確信しています)

生きづらさ。

それはつまり、自分自身のセルフイメージの事だったり、恋愛や友人に代表される人間関係の事だったり、仕事の事だったり。個人ごとに異なる様々な悩みに姿を変えて現れてきます。

頑張っても繰り返されてしまう失敗のパターンや望まない状況ばかり起こるといった状況にも。

こうした悩みや状況は実は、根本である「生きづらさの解消」にフォーカスする事で、引っ張られる形で解消させていく事ができるんです。